www.justonechallenge.org

エンジンがかからないときに確認すること

バイクに乗る前にエンジンがかからない、ということがあります。かなり長期間乗っていなかった場合にはバッテリーがあがっていたり、ガソリンが腐っていたりなどということがありますが、先日まで普通に動いていた場合などは安全装置の操作ミスであることも多いものです。
真っ先に確認するべきはキルスイッチです。自分でオフにしていなくとも、ミラーにかけていたヘルメットが当たったり、いたずらでオフにされていたりする場合もあります。このサイトでバイクの売却の資料をご覧ください。

 

また、ギヤがニュートラル以外に入っている場合にはサイドスタンドを跳ね上げていないとエンジンがかからない車種も多いため、十分に上がっているか確認しておきましょう。クラッチレバーを握っていないとエンジンを始動させられないモデルもけっこうあります。
そしてギヤがニュートラルに入っている状態で始動させるのが基本ですので、ニュートラルランプが点灯しているかを確認し、車体を前後に動かして本当にギヤが入っているか確かめておきましょう。